生活

ゴールデンウィーク(GW)2020は子供と何する?コロナ自粛で長期連休の遊び8選!

この記事ではゴールデンウィーク(GW)2020は子供と何する?コロナ自粛で長期連休の遊び8選を紹介しています。

依然と猛威をふるっているコロナウイルス

外出自粛で2020年のGWも旅行やイベントへ行くことができません。

長期連休(すでに長期連休のような生活ですが)を子どもと何をして過ごすか?というのはパパママにとって、とても大きな問題。

年齢によって遊びも違うし。…

さっそくいくつかのアイデアを紹介したいと思います!

 

GW長期連休に一緒に遊ぼう!乳幼児あそび5選

小さな子供たちにとって身体を使う遊びは成長に欠かせません。

しかしお外遊びの代表である公園の利用にも様々な意見が出ていて「遊びづらい」というパパ、ママも多いのではないでしょうか。

せいぜい出来てお散歩ぐらいかなぁ、というパパやママも多いのではないでしょうか。

じゃあ家で何をしたらいいの?!と困ってしまいますよね。

動くのが大好きな男の子のママやパパだとよけいに困りますよね。…

1つの遊びにも集中できる時間が短いです。

遊びをコロコロ変えて組み合わせなくてはいけないというのがタイヘン。

手持ちのカードをいくつ持てるか、にかかってくるのですよね。…

 

①工作をおもいっきり楽しもう!

ハサミでチョキチョキ!のりやテープでペタペタ!シールペタペタ!

実は動くの大好き!な男子だったうちの息子への裏技は工作でした。

実は幼児教室の先生にすすめられたのが「指先を使う作業」

小さなこどもたちにとっては、かなりのエネルギーを使う作業になるそうです。

無料でもプリントアウトできるサイトがあります。

https://happylilac.net/kiriharikosaku-1.html

くもんには成長に合わせることができる工作プリント集があってよく使いました!

https://www.kumonshuppan.com/yodo/yodo-syousai/?code=24835

https://www.kumonshuppan.com/yodo/yodo-syousai/?code=24836

https://www.kumonshuppan.com/yodo/yodo-syousai/?code=24837

https://www.kumonshuppan.com/yodo/yodo-syousai/?code=24838

こちらは本当にはじめてハサミを使うこどもから工作好きの幼児まで段階別に選択できるので何度も買ってお世話になりました!

新聞のスーパーのちらしを切り抜いてお店の絵を描いたところに貼り付けたり

大好きな絵本をカラーコピーして大好きな登場人物を切り抜いて遊んだり

子供の日むけに色画用紙やセロファンなどを切りはりして、手作りこいのぼりもいいですね!

同じく指先を使う遊びとしては、粘土遊びもおススメです!

赤ちゃんがお口に入れても大丈夫な粘土もあるので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

②イライラしてきたら子どもと一緒に思い切り新聞紙をやぶる!

慣れない生活に親も子供もイライラしがち。

そんな時は新聞紙を思いっきり一緒にびりびり破いて遊びます!

実は保育園や児童館の未就園児の集まりではよく行われている遊び。

びりびりに破いて雪のように舞い散らしてあそべます。

もちろん「片付けが…」と思うママもいますよね。

続きがあって、最期は競争でビニール袋に入れます

小さなビニール袋でも大きなビニール袋でも大丈夫です。

最後はビニールの口をしめてボールにして遊びます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIWAKO(@miwa.ken.dai)がシェアした投稿

 

 

③昼間から温泉ごっこ

お風呂好きのパパ、ママであればぬるめのお風呂にゆったりつかって子どもと温泉ごっこはいかがでしょうか。

こどもは水遊びが大好き!

パパやママはひと休みや美容のためにお風呂につかりつつ、こどもは水(お湯)遊びをしちゃうというのはどうでしょう。

午前中に入浴すれば、ちょっと疲れて小さな子供たちもお昼寝しやすいかも、です。

 

④釣り堀づくり

100円ショップなどで画用紙とクリップ、磁石を買ってきて作る釣り堀セット

魚をこどもと書いて、切り抜いて、クリップをつけます。

割りばしに糸をつけて糸の先には磁石をつけて釣り竿を作ります。

こうしてお魚をつって遊びます。

お金も画用紙などで作れば、お金のやりとりができる立派な「ごっこあそび」にもなります!

準備がタイヘンそうですが、親だけが準備をするわけではなく、

こどもが描いたり、切ったりできるように関わることで準備をラクにするのがコツ。

お魚でなくても、ほしいものを描いて釣っても楽しいです。

 

段ボールであそぶ

段ボールで遊ぶのは本当におススメです。

あいた段ボールでお家をつくったり、飛行機にみたてたり。

パパやママは一緒に乗れなくても、そばにいて声をかけてあげたり、ぬいぐるみを入れてあげて「出発進行ー!」と声をかけてあげると子どもは大喜びです。

こどもと遊ぶヒントがのっている本もあります!

おもに乳幼児から小学校低学年ぐらいまでは遊べそうな内容がどっさり書かれています。

今はなつかしいあやとりなどものっています。

ちょっとしたヒントになりますよ。

 

GW長期連休ゲームざんまいにしない!小学生遊び3選

どうしてもゲームざんまい、テレビざんまい、動画ざんまいな日々になりがちな小学生。

なにかできることはないかなぁと考えてしまうのが親心。

今だから家族でできること、今しかできない家族でできること。

なにかヒントになることがないか探してみました!

 

①家族かべ新聞をつくる

実は友人が家族でとりくんでいました!

今だから、家族のことを家族で書く家族かべ新聞!

お兄ちゃんが弟のいいところを書いたり、お母さんがこどものことを書いたり。

ペットのこと、お姉ちゃんの口ぐせ、妹の最近のブーム、などなど。…

家族の思い出の写真を貼ったり、手形を残してもいいですね。

「今」の家族のことを切り取って、模造紙に残す作業もなかなか面白いです。

書き始めると、なかなかハマりますよ。

 

②カードゲームもなかなか面白い!

せっかく家族がそろうから家族みんなで楽しめるカードゲームはどうでしょうか。

ゲラゲラ笑いながらできるカードゲーム!

キャラクターの絵、一つ一つにゲーム参加者がおもしろおかしい名前をつけます。

すでに名前がついているキャラクターが出てきたら、いちはやく名前を言います!

間違いなく当てたらカードをもらえます。

一番カードを持った人が勝ちです。


ほんとに4歳くらいの子どもから遊べます!

だけど大人も本当に楽しめるゲームです。

つぎに紹介するのは「キャットアンドチョコレート」

イベントカードに書かれた状況を手持ちのアイテムカードを使ってどう乗り切るか参加者みんなに伝えます。

その内容に賛同者が半数以上いたら成功!

いなかったら失敗です。

小学校3年生ぐらいから参加できるゲームです!

家族がそろうからできるゲーム。

忙しい毎日を送るそれぞれなので、せっかく出来た家族の時間を楽しみませんか?

 

③コロナの流行が落ち着いたらあそこへ行こうよ!プレゼン大会

今年はコロナで外出自粛。

行きたいところへ行けないけれど、コロナが落ち着いたらここへ旅行へ行きたい!

家族それぞれでプレゼンしませんか?

きちんと資料もそれぞれ作って、次の楽しみのためのプレゼンです。

  • 行きたい旅行先
  • なぜそこへ行きたいのか
  • 旅行先の行ってみたい場所
  • かかる料金(最安値ではいくらになる?)
  • 利用する交通機関

などなど。…

インターネットを駆使したり、旅行の本や雑誌を駆使してホテルや交通機関、旅行パックなどもしらべて金額を比較したり。

子供たちにはちょっとした社会勉強にもなったりします。

これからコロナが落ち着いたら、みんなで出し合った場所を順番に旅行に行くのも楽しいですね。

プレゼンゲームは旅行だけではなく、今のマイブームなどを子どもたちに発表してもらい、その魅力などを伝えてもらうのも楽しいです。

模造紙なども駆使してポスターセッション風にやってみるのも楽しいですよ。

 

ゴールデンウィーク(GW)2020は子供と何する?コロナ自粛で長期連休の遊び8選まとめ!

以上、ゴールデンウィーク(GW)2020は子供と何する?コロナ自粛で長期連休の遊び8選!について紹介しました。

乳幼児の遊びを5選、小学生の遊びを3選の合計8選でまとめました。

乳幼児の遊びとして指先を使うことは体を使って遊ぶ場合と同じぐらいのエネルギーが要といわれています。

エネルギー発散をかねた工作遊びをメインに紹介しました!

①工作を思い切り楽しもう

おすすめの教材やサイトなども紹介しました。

イライラしてきたら子どもたちと思い切り新聞紙をやぶる!

片付けはもちろんゲームをかねて子供たちに取り組んでもらいます!

③昼間から温泉ごっこ

疲れたときは子どもたちには水遊びをかねて昼間から一緒にお風呂でまったりします。

④釣り堀づくり

小学生でも楽しい遊びですが、クリップと磁石をつかって工作をかねて遊べます。

釣り堀を作り終わるまでも時間がかかるので、一度やっておしまい、という遊びにはなりません。

⑤段ボールあそび

小さな子供は段ボールがだいすき。

のったり、入ったり、工夫次第で大好きな乗り物になります!

小学生には思い出づくりをかねて

①家族かべ新聞づくり

②カードゲーム

③プレゼン大会

このように紹介しました。

普段ゆっくりとコミュニケーションが出来ないことも多い毎日。

なので、家族の語り合う時間が必要不可欠な遊びを選びました

ちょっとした気分転換になったり、コロナが収束した後の楽しいことを思い描けるような遊びです。

小学生は学校のお休みが続いて、知的活動もなかなか出来ない時。

楽しみながら知的な活動も兼ねれるような遊びになっています。

タイヘンな今だから、今しか楽しめないことを楽しんでしまおう!という逆手の発想でしのぎたい今です。

家族がこんなにじっくりと家にこもらなくてはいけないこともこの先ないだろうし、ぜひ、思い出に残る時間に変えてみてくださいね!!

テキストのコピーはできません。