エンタメ

J.Y.Park(パク・ジニョン)名言まとめ!虹プロジェクトで誰の心にもささる言葉が感動すると話題!

J.Y.Park(パク・ジニョン)名言まとめ!虹プロジェクトで誰の心にもささる言葉が感動すると話題!

今回は、【J.Y.Park(パク・ジニョン)名言まとめ!虹プロジェクトで誰の心にもささる言葉が感動すると話題!】という内容でお送りします。

ガールズアイドルグループ発掘オーディション『虹プロジェクト(Nizi Project)』。

TWICEを世界的なアーティストにしたプロデューサーJ.Y.Park(パク・ジニョン)さんの口から次々に出てくる名言が心にささる!と話題になっていますね。

それは、虹プロジェクトのようにアイドルを目指す人はもちろん、どんな仕事をしている方、どんな生き方をしている方にも響く、非常に真理を突いた言葉の嵐です。

ということで今回は、【J.Y.Park(パク・ジニョン)名言まとめ!虹プロジェクトで誰の心にもささる言葉が感動すると話題!】として、

・J.Y.Parkさんが虹プロジェクトで放った心に響く名言の数々
・J.Y.Parkさんの名言に感動する人多数!視聴者の反応は?

という内容でまとめていきます!

 

J.Y.Park(パク・ジニョン)虹プロジェクトの名言:Part1編

それでは早速、J.Y.Park(パク・ジニョン)さんの名言の数々を紹介していきましょう!

まずは『虹プロジェクト(Nizi Project)』のPart1での名言です。

 

「見えない精神、心を見えるようにすることが芸術です」

僕は人の見えるところより、見えないところがはるかに大事だと思っていますので、想い、心、性格、そういう所を、言葉や、歌や、ダンスで表現できる人材に会いたいです。

僕が一番好きな言葉なんですけど、”人の見えないところを見えるようにすることが芸術”です。

ーPart1_第1話

これに近い内容として、「Part1」第2話では、元アイドルで再デビューを目指す、谷川陽菜(※現在は脱落)の地域予選の最終審査の様子を放送。

そこで谷川が元気いっぱいのパフォーマンスを披露するもJ.Y. Parkさんは、「自分自身がしっかりと感じて、表現しているようには見えません」と、ありのままの姿で表現ができていなかったことを指摘。

続けて、「僕たちはみんな1人1人顔が違うように、1人1人の心、精神も違います。見えない精神、心を見えるようにすることが芸術です。だから自分の精神、心、個性が見えなかったらそのパフォーマンスは芸術的な価値がないです」と厳しくも心のこもったアドバイスを送ったのです。

 

「必ず自分が最高だと思うべき」

歌やダンスをするときに必ず自分が…最高だと思うべきです。

そうじゃなかったら見る人が没頭できません。

ーPart1_第1話

見てくれている人、応援してくれている人にとって、何を届けられるか。

最高のパフォーマンスしかありませんよね。

 

「世の中で一番美しいのは新人の目つき」

世の中で一番美しいのが、”新人の目つき”。

切実さと夢がいっぱい入っている、そんな目に会いたいです。

ーPart1_第1話

何も知らない世界に飛び込む。

そこには恐れもありつつ、ワクワクした、キラキラした感情があり、慣れてしまった人には決して出すことのできない純粋なものなのでしょう。

 

短所がないことより特別な長所が1つあることがもっと大切

短所がないことより、特別な長所が1つあることがもっと大切です。

ーPart1_第1話

長所をしっかりと見て愛することが大事なのでしょうね。

 

「歌もダンスもテクニックは二の次」

多くの方たちがご存知ないことですが、歌も、ダンスもテクニックは二の次です。

これは私たちが教えてあげられることです。

本当に大事なことは、この音楽から何かを感じて、自分が感じたことをまた歌とダンスで表現できるのか、そういう能力のある人材!

ーPart1_第1話

技術面を先に作り上げるのではなく、その人の心から純粋に出てくる美しさが大切なのでしょう。

 

「毎日自分を管理する」

僕は歌手という仕事が世界中の仕事の中で一番特別な仕事じゃないかと思っています。

大勢の人たちが夢を持っていますが、その夢を叶えて、またその仕事を一生やり続けられる人はそんなに多くないです。

その夢を叶えるために一番大事なことは、毎日毎日、自分自身を管理していくことです。

ダンスも歌も全て体でやっていくことなので、この毎日毎日、ある意味退屈でやりたくないことを、コツコツと繰り返す返すことができればその夢を叶えられるし、またそれを長く維持できると信じています。

毎日しっかりやらないと自分の夢を叶えられないと思いましたし、また、守れないと考えています。今も。

ーPart1_第2話

自分自身を、誘惑に負けずに日々律していくことは本当に大変ですが、絶対的に大切なことですよね。

継続は力なり。

 

「自分らしくありのままに」

コンセプトは必要ないです。

僕たちはみんな元々特別だからです。

だから、ただ自分らしくありのままでいてください。

ーPart1_第3話

2年7ヶ月間JYP練習生として下積みを続ける中、周りの練習生のように自分のコンセプトが定まらない、と悩みを打ち明けるマコに向けた言葉です。

皆もともと特別。

それぞれ個性があるものだし、自分らしくいることが何より大切なことなのですね。

 

「才能と学習能力は違う」

スターになるということは、歌・ダンスの実力だけでなれるということではありません。

もう一つの大事なポイント。学習能力。才能と学習能力は違います。

センスが良くて、何を言われたのかを素早く理解して、それに集中して練習し成し遂げていく子たち。

このような子たちを見て学習能力が高いと言います。

学習能力もすごく大事な観点の1つです。

ーPart1_第5話

もともとある能力だけでなく、学習することができればそのもともとある才能も超えることができる。

毎日の努力が大切なのですね。

 

「すべての人は特別」

スター性というのは実は特別な何かに恵まれていることではなく、自分のどんなところが特別なのかを知ること。

すべての人は特別なので。

ーPart1_第7話

自分自身をしっかり見つめること。

 

「1人1人が特別でなかったら生まれてこなかったはず」

ここにいる人たち皆、いつかは自分自身の姿をしっかりと見て、自分は…(今の)自分で充分。

特別な人だ。

多くの人がいるこの世の中で、私も特別な何かの理由を持って生まれてきた人だから。

自分のありのままの姿が特別だということを分かるときがくるはずです。

自分自身の姿を見て、『大丈夫、充分、あなたは充分特別だよ』そう言ってあげられる日が来るべきだと思います。

皆さんがここで26位になっても、脱落したとしても、皆さんが特別ではないということではありません。

1位になっても26位になっても同じように特別です!

このオーディションはある特定の目的に合わせてそこに合う人を探すだけで、皆さんが特別かどうかとは全く関係ありません。

1人1人が特別でなかったら生まれてこなかったはずです。

ーPart1_第7話

「Part1」第7話では、個性を評価するためのスター性テストが放送され、参加練習生それぞれが特技とするチアダンスや空手の型を披露するなか、参加練習生・マヤは得意なイラストを活かし、紙芝居「みにくいアヒルの子」の読み聞かせを行いました。

マヤの感情のこもった読み聞かせに引き込まれたJ.Y. Parkさんが伝えた言葉です。

それぞれが特別、もともと生まれた時から特別なんだと改めて知った練習生たちは涙が止まらなくなっていましたね。

 

J.Y.Park(パク・ジニョン)虹プロジェクトの名言:Part2編

続いては『虹プロジェクト(Nizi Project)』のPart2での、J.Y.Park(パク・ジニョン)さんの名言です。

 

「自分自身と戦って毎日自分に勝てる人が夢をかなえられる」

才能や伸び代のある人が夢を叶えられるわけではない。

毎日自分自身にムチを打って、自分自身と戦って毎日自分に勝てる人が夢をかなえられます。

ーPart2_第3話

「Part2」第3話では、韓国合宿での個人レベルテストを放送。

参加練習生・リリアは、J.Y. Park氏の楽曲「Who’s your mama?」のパフォーマンスを披露しました。

パフォーマンスを終えると、J.Y. Park氏は「素質と成長の可能性を見たら13人の中で最高です」と評価しますが…

「才能がある人が夢を叶えられるわけではありません。自分自身に毎日ムチを打って、自分自身と戦って、毎日自分に勝てる人が夢を叶えられます」とデビューを目指す上での大切な心構えを伝えてくれました。

夢を追う全ての人にとって大切な心構えですね!

 

「過程が結果を作り、態度が成果を生む」

才能に恵まれているのは本当にすばらしいことです。

しかし、それを発揮できないのは本当に残念なことです。

才能が夢をかなえてくれるのではありません。

過程が結果を作って、態度が成果を生むからです。

ーPart2_第3話

11位~最下位の13位となってしまったリリア・モモカ・アカリに対し、「本当に残念だったのが、3人がトレーニングチームの練習態度評価で一番良くない評価をもらいました」と、トレーニング中の態度も評価に含まれていたことを説明。

日々の練習の大切さは勿論のこと、どのように臨むのか、どんな態度で生きるのかを自身の言葉で表現しました。

 

頑張った人と頑張らなかった人はすぐにわかる

みんな“自分は頑張った”と言います。
しかし頑張った人と頑張らなかった人はすぐに分かります。

アヤカさんは本当に頑張っているのが見えます。

ミッションを重ねる頃に成長が見えます。

ーPart_第4話

努力の差は必ずその人の姿勢に表れるということなのでしょう。

 

「真実、誠実、謙虚」

真実は、隠すものがない人になれということです。

カメラの前で出来ない言葉や行動は、カメラが無い場所でも絶対にしないでください。

気をつけようと考えないで、気をつける必要がない立派な人になってください。

誠実は、自分との戦いです。

自分自身に鞭を打って歌の練習、ダンスの練習、音楽の勉強などをずっとしていたら、それが積み重なって、君たちの夢を叶えてくれます。

謙虚は、言葉の謙虚や行動の謙虚ではなく、“心の謙虚”を意味します。

隣にいるみんなの短所ではなく長所だけを見て心から感謝すること。それが謙虚です。

ーPart_第6話

世界的なスターになるため、世界的なスターとして生きるための心構えです。

スタートして生きる人生の方であればもちろんかとは思いますが、普通に一般的な生活をしている人も、誠実でいること、謙虚でいること、真実を心にもつこと、どれも大切なことではないでしょうか。

 

J.Y.Park(パク・ジニョン)虹プロジェクトの名言:スッキリでの独占インタビュー

2020年5月26日に、『スッキリ』の単独インタビューに登場されたJ.Y.Parkさんはココでもこのような名言を残していました。

(世界的スターになるためには)新人の時に持っていた情熱、切実さ、エネルギーなど初心を忘れず持ち続けることが大切だと思います。

 

J.Y.Parkさんの目標は、60歳で最高のパフォーマンスを見せることで、自分やファンの皆さんに約束したからと惜しみなく長年自己管理続けていることも語っていました。

プロデューサーであり自身もアーティストとして長年活動してきたParkさん。

その長年最前線で戦ってきた経験から語られる言葉だからこそ、多くの人の心を打つのでしょう。

 

J.Y.Park(パク・ジニョン)虹プロジェクトの名言に対して視聴者の声は

『虹プロジェクト(Nizi Project)』の結末がどうなるのか、メンバーそれぞれに興味がある、などで見ている方も元々いましたが、J.Y.Parkさんの名言にもだんだんと注目が集まっていますよね!

 

J.Y.Park(パク・ジニョン)名言まとめ!虹プロジェクトで誰の心にもささる言葉が感動すると話題のまとめ

今回は、【J.Y.Park(パク・ジニョン)名言まとめ!虹プロジェクトで誰の心にもささる言葉が感動すると話題!】についてまとめました。

いろんな方の心を打っているJ.Y.Parkさんの名言の数々。

本当に日めくりカレンダーとかできそうですよね!

オーディションも佳境に突入していますし、ラストはもっと名言が出そうです!

これまでの映像も振り返りつつ、どんな結果になるのか見守っていきましょう!

 

テキストのコピーはできません。