未分類

目標設定は金額ではなく行動ベースがいい理由

 

4月が始まり、新年度ということ、そして新生活が始まった人も多いはず。

ここで、これからの目標をどうしようかと考えている人もいるのではないでしょうか。

自分がこうなりたい、こんな夢を叶えたい、こんな人生にしていきたいという希望、実現していきたいですよね。

 

そんなときにとても大事な考えとなる方法を紹介していきます!

目標にすべきは金額ではない

例えば独立した方、個人事業主の方、フリーで活動をしている方などで、し始めの方でよくあるのが「今月〇〇円を目標にする!」と掲げる方法。

これが全くの間違い、ということではありません。

金額を目標にすることでずば抜けて意識が高くなり、実際に行動を起こして実現してしまう人もいるからです。

 

しかし、多くの場合は金額を目標としてしまうと、かなりその後が大変なことになってしまうのではないでしょうか。

何故なら、自分でコントロールするのが難しいから。

 

売り上げベースでいくら、というのは目指す分には問題ないのですが、要はそこばかり見ていると心がつらくなる人って結構いると思っています。

その金額がすぐにでも達成できるものならまだしも、結構途方もなく先にあるような金額を目指す場合、どうやってそこに進めばいいの?が見えないことにはいつまで経っても進んでいる感じがしないんですよね。

 

人は、本当にこれをやってもうまくいくのかな…と思うよりは、自分が一つ行動をしたことによって何かを得られることの方が、よほど自信につながっていく生き物だと思います。

だからこそ、金額をベースにしてしまっては、自分の行動だけでは届かないこともあるため、思い通りにいかない可能性が高くなるんですね。

 

どんな行動を目標にする?

では、具体的にどんな行動をすることを自身の目標にしていくべきなのかというと、本当に、自分ができることをまず目標にしてみることをお勧めします。

え、できることなんてやったら目標なんて言わなくない?

そう思う人もいますよね。

 

でも、意外と自分が少しだけ頑張ればできることを一日の中の目標にしたり、一週間の目標、一ヶ月の目標とした方が、いいことがあります。

それは、達成しやすいということ。

 

目標、と聞くと、結構無理難題なものを目標に掲げる人もいます。

もちろん無理難題を目標と設定することで俄然やる気が出て、無理だったものも達成することができる人もいるでしょう。

ただそれができない人もいるわけです。できない人にとっては、今の自分からは手が届かないようなものを目標としても、どうやってそこに行けばいいの!?となってしまって、動きが止まっちゃうこともあるんですね。

 

それは非常にもったいない。

 

動きに制限をかけず、いつも通りにやれば達成するくらいの、目標なら、意外とそれでも自分の中で「よし、できた」という感覚、自信って積み重なるものなんです。

 

なので、是非一度、だまされたと思って是非一度、すぐにできそうなことを目標としてみるといいですよ。

 

目標にすべき例

すぐできそうなこととしては下記のことなんていかがでしょうか。

 

  • パソコンを開く
  • 日記帳を開く
  • 顔を洗う
  • ご飯を食べる
  • 朝起きたら枕を整える

 

位の、超簡単なこと。

 

意外とこうしたことだって、意識してみると、ちょっと背筋を正しながら行ってみたりすると、結構やれるじゃん、自分、って思えたりするものなんですよ。

そんな些細な、とっても小さな自信も、ちゃんと大切に心の光として積み重ねることができるんです。

 

これを継続して行っていく。

難しいと思うことじゃなく、簡単だと思うことを、日々。

そうすることで、自信が生まれ、当たり前にできることが増えていく。

当たり前にできることが増えたら、その先だってやれると思える自分ができる。

それをまた繰り返していけば、いつの間にか遠くまで進んでいる、かもしれません。

 

自分の可能性は、日々の本当に些細なところに、眠っていると思っています。