ワンピース

ロロノア・ゾロの名言や名シーンランキングTOP10!心に残る感動場面!

ロロノア・ゾロの名言や名シーンランキングTOP10!心に残る感動場面!

人気漫画『ONE PIECE ワンピース』のロロノア・ゾロの名言や名シーンランキングTOP10、心に残る感動場面を紹介します!

 

麦わらの一味の中でも、初めてルフィの仲間になったロロノア・ゾロ。

今回はゾロの名言や名シーンを独自のランキングで紹介したいと思います!

一位はどのシーンがくるのでしょうか!?

 

それでは、『ONE PIECE ワンピース』のロロノア・ゾロの名言や名シーンランキングTOP10をお送りします!

 

10位:おれに剣を教えてくれ!!!


10位は「おれに剣を教えてくれ!!!」です。

頂上決戦の後、バーソロミュー・くまによって麦わらの一味はバラバラに飛ばされてしまいました。

ゾロが飛ばされた先は、ミホークの元。

そこでゾロは、より強くなるためにこのセリフと共にミホークへ土下座したのでした。

 

剣士としてのプライドの高いゾロが、強さを求めて頭を下げるこのシーンに驚いた読者も多いかもしれませんね。

それほどゾロの覚悟が強いということがよくわかった名シーンです!

 

9位:世界一強い大剣豪になるからさ

9位は「世界一強い大剣豪になるからさ」です。

ゾロがまだ幼い頃。

幼なじみのくいなに、剣術で勝つことはできませんでした。

 

そしてある日、くいなは死んでしまいます。

天国にまで自分の名が届くような大剣豪になる、というゾロの目標が生まれた瞬間でした。

 

8位:いやこれを貰う!!!

8位は「いやこれを貰う!!!」です。

ゾロは日和から、秋水の代わりにおでんの愛刀である閻魔を譲り受けました。

 

しかしこの閻魔は、持ち主の覇気を吸い取ってしまうクセの強い刀だったのです。

閻魔を始めて使った時、ゾロはたった一振りで海岸を斬り落としました。

その際腕が覇気を吸われて枯れてしまったのです。

 

返せ、と気合を入れることで腕は元に戻りましたが、扱いにくい刀だからと別のものにするかと飛徹に尋ねられました。

その時のゾロのセリフです。

コイツに慣れた時、自分はもっと強くなっているのだからと閻魔を選びました。

ゾロに閻魔という、最強の組み合わせが誕生した名シーンです!

 

7位:てめェの正義もさぞ重かろうがこっちも色々背負ってんだよ!

7位は「てめェの正義もさぞ重かろうがこっちも色々背負ってんだよ!」です。

Tボーン大佐との戦いの中でゾロの言ったセリフです。

 

ゾロはエニエスロビーへ海列車で向かう途中であり、相手も海軍としての誇りが高いことを察してこのセリフを言ったのでしょうね。

一撃で倒してしまったゾロもかっこよかったです!

 

6位:男ならフンドシ締めて黙って勝負を見届けろ!!!

6位は「男ならフンドシ締めて黙って勝負を見届けろ!!!」です。

フォクシー海賊団とのゲームに敗け、向こう側の海賊団に取られてしまったチョッパー。

泣いて駄々をこねるチョッパーに、ゾロが言ったセリフです。

 

このセリフまでに割と厳しめなことを言っており、ナミも思わず口を出しましたが、そこにはゾロなりに気合を入れようとする意図があったのでしょう。

それを受けたチョッパーも、涙を拭いていましたね。

フンドシ、という言い方が男らしくてカッコいいセリフでした。

 

5位:おれの”運”と三代鬼徹の”呪い”…どっちが強ェか試してみようか…

5位は「おれの”運”と三代鬼徹の”呪い”…どっちが強ェか試してみようか…」です。

ゾロの使用する三代鬼徹を手に入れたシーンです。

 

この三代鬼徹は妖刀と呼ばれており、持ち主を死に至らしめるとされていました。

ローグタウンの武器屋にて三代鬼徹を見つけたゾロはその話を聞き、このセリフを言いました。

 

そして自身の腕を伸ばし、その上に三代鬼徹を投げたのです。

三代鬼徹は円を描き、ゾロの腕を避けて床に落下しました。

ゾロは武器屋より三代鬼徹を譲り受け、愛刀として共に修羅場をくぐってきたのです。

ゾロの度胸の凄さがカッコいいシーンでしたね!

 

4位:世界一強ェってカイドウを!!ブッた斬りに来たんだよ!!!

4位は「世界一強ェってカイドウを!!ブッた斬りに来たんだよ!!!」です。

ワノ国編の決戦にて、ゾロはカイドウのいる屋上へなかなか向かうことができません。

さらにクイーンの仕掛けたウイルスの抗体をかけた鬼ごっこに付き合わされる始末。

 

そんな現状に激しく怒ったゾロが叫んだセリフです。

このセリフとほぼ同時にカイドウが鬼ヶ島を浮かせ、地面が大きく揺れました。

それがゾロの覇気によるものではないか!?と周りに言われるくらいの気迫でしたね。

 

3位:なにも!!!なかった…!!!!

3位は「なにも!!!なかった…!!!!」です。

モリアとの戦いの後、バーソロミュー・くまが現れ絶体絶命のピンチに陥った麦わらの一味。

倒れるルフィの首を取ろうとするくまに、ゾロは自らの命を差し出しました。

この時、ルフィは海賊王になる男だとも言っています。

これもかなりの名言ですよね!

 

ゾロはくまによって、ルフィが受けた傷を全て移されます。

ゾロは場所を変え、たった一人で痛みに耐えるのでした。

 

その後サンジが血まみれなゾロを発見し、何があったのかと尋ねた時のセリフです。

明らかに瀕死の状態なのに、決して事実を語らず、自分で全て背負ったところがとてもかっこよかったですね!

 

2位:二度と敗けねェから!!!!

2位は「二度と敗けねェから!!!!」です。

世界一の大剣豪、ミホークとの戦いに敗れてしまったゾロ。

その悔しさを胸に、二度と敗けないことを自分やルフィへ誓った名シーンですね!

 

このセリフを聞いたルフィやミホークは、嬉しそうにニヤリと笑っていました。

この二人はきっと、ゾロがもっと強くなると確信しているのでしょう。

 

1位:背中の傷は剣士の恥だ

1位は「背中の傷は剣士の恥だ」です。

ゾロは世界一の大剣豪であるミホークと戦いました。

しかし全く敵いません。

 

ゾロは勝てないと感じ、このセリフと共に手を広げてミホークと向かい合いました。

そのセリフを聞いたミホークも、ゾロの剣士としての誇りを認め、「見事」と言って刀を振り下ろしたのでした。

 

ゾロといえばこのセリフが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

ゾロが世界一の剣豪となるための大きな一歩であったと思えるような重要なシーンでしたね!

 

ロロノア・ゾロの名言や名シーンランキングTOP10!心に残る感動場面まとめ

『ONE PIECE ワンピース』のロロノア・ゾロの名言や名シーンランキングTOP10!心に残る感動場面を紹介しました!

 

一番初めにルフィの仲間になった、剣士のロロノア・ゾロ。

そんなゾロの名言の第一位は「背中の傷は剣士の恥だ」です!

ゾロといえばこのセリフ!という方も多いのではないでしょうか。

剣士としての誇りの高さがわかる、かっこいいセリフでしたね。

 

他にもゾロのセリフには男らしい、カッコいいものが多いです。

方向音痴やよく寝ているといった一面もありますが、それもゾロの魅力の一つです。

ぜひお気に入りの名シーンを見つけてみてくださいね!

テキストのコピーはできません。